銅版画工房アトリエ凹凸メンバーの展覧会などのお知らせ。



2010年05月12日

銅版画のデモンストレーション

C-1.jpgC-2.jpg
最後は銅版画のプリント・デモンストレーションです。

さまざまな道具や技法で製版することができる銅版画ですが
基本的には銅版の彫られた部分にインクを詰め、
よく湿らせた紙を版の上に乗せて プレス機を通します。
強い圧力がかかることにより、インクが紙に転写されます。

プレス機を通した後、どんな風に刷れたのか
紙をめくる瞬間はドキドキ・・・
刷り上がった作品には銅版の厚み分の窪み(プレートマーク)ができます。
近くで見ると、絵の部分にも凹凸が生じています。

色を変えて刷ってみても印象が変わって楽しいですよ!
同じ版から この様なことができるのも版画の特徴です。


(text by otsubo)
posted by 銅版画工房アトリエ凹凸ニュース at 18:20| 凹凸展覧会