銅版画工房アトリエ凹凸メンバーの展覧会などのお知らせ。



2011年06月23日

展覧会に行こう!あさご芸術の森美術館

梅雨の晴れ間、あさご(朝来)芸術の森美術館に行ってきました。
遠くから巨大なダムの壁が見えてきて、広大な風景の中、
野外彫刻公園と美術館が緑の中に現れます。

「長岡國人展-大地の黙示録-」
「内藤絹子展-祈りの言葉-」
が開催中。

長岡國人さんは京都の精華大学で版画を教えておられ、
アトリエ凹凸には長岡先生にお世話になった卒業生もいます。
今回の展覧会では初期の頃の版画作品から、紙で作られた
最新作の立体作品まで観ることができました。

一見、黒々とした宇宙船のような大きな立体、
徐々に近づくとまるで地下深くから掘り出された
墓標のようでもあり、
中央に掘られた浅い溝には黍が詰められていて、
豊穣を祈りこれから人々がこの回りに集まり祈り
ながら奏でる楽器のようにも見えます。

いろいろな国の紙の話や、
現在進行中の海外でのフィールドワークの
コンセプトも聞かせていただきました。

内藤さんの、黒いインクで幾重にも重ねられた文字が
和紙の上に浮かび上がってくる作品の魅力も堪能し、
自然の中のゆったりした美術館で過ごす時間は
いいもんですよ。

http://www.city.asago.hyogo.jp/asagomuseum/

by Kaoru HIGASHI
asago2011.jpg
posted by 銅版画工房アトリエ凹凸ニュース at 18:57| news